CGI


★チェックポイント
全体の形を見たときに、平面的か丸みがあり立体的かで仕上げの良し悪しをチェックしてみましょう。
T-KATEでは自社検品基準項目を出荷時に全品チェックいたしております。
@縫製
Aしみ
B汚れ
C傷
D形態
E色変色
★チェックポイント
生地に伸縮性、厚み、やわらかさがあるかチェックしてみましょう。
適材適所に種類の異なる生地を使用しているかチェックしてみましょう。
T-KATEでは1着のウエットスーツに最大10種類の生地が使用されています。
実際に生地に触ってみたい方は、サンプル生地をお送りさせていただきますのでメールにてお気軽にお問い合せください。
E-mail active@t-kate-int.co.jp



★チェックポイント
アフターフォローがしっかりしているか確認しましょう。
T-KATEでは取扱い説明書と1年間保障が付いています。詳細な内容については取扱い説明書をご覧ください。
■取扱い説明書の内容はこちらをクリック
▲TOPへ





大量生産品の場合、時間の短縮化・原材料低価格・メンテナンスの違い等の問題で作業工程も全く違ってきます。ここではその違いのチェックポイントをご紹介します。

■お客様の寸法により型をおこす。

立体感 アレンジ
胸囲95cmも男性と女性とは異なるように数字だけの型ではなく微妙なアレンジがフィット感や美しいラインを生み出します。


■型紙から生地取りし裁断する。
裁断面 伸び方向 裁断機使用によるサイズ誤差

伸び率が低い


伸び率が高い

ACTIVEでは完全手作業ですので、スーツの各部分に素材生地の伸び方向を考えて使用します。
(写真をクリックすると拡大します)

大量生産の裁断機によるカットでは素材の接着面に誤差が生じきれいに制作できません。また、強引に制作を進めると破損の原因にもなります。
(写真をクリックすると拡大します)
カット面が垂直  
×カット面が斜め  
▲TOPへ



■裁断したパーツのカット面にのりをぬり貼り合せる。
貼り目の段差 接着剤の質 はがれ ねじれ まとめ塗りによる糊むら

×段差


×部分的はがれ

貼り目に段差があるか自分のスーツをチェックしてみましょう。
作業が雑だとはがれの原因になります。(写真は悪い例)
(写真をクリックすると拡大します)





×ねじれ

ねじれもチェックポイントです。接着面がねじれていると身体にフィットしないばかりか破損の原因になります。
(写真の黄色い線は貼りあわせの部分を強調してあります)
(写真をクリックすると拡大します)


のりの質
白ゴムは白のり
黒ゴムは黒のり



1パーツづつのりをぬる。 表面に1mmのりを出す技術は職人技

接着材の質も重要です。ACTIVEでは薄めて使用することはありません。最近大量生産の工場では接着材を薄めて使用することによる破損トラブルが増えています。
ACTIVEでは一枚づつ丁寧に作業を進めていきます。
(写真をクリックすると拡大します)







 


■貼った部分(ゴム以外)を縫う。
縫い: 脱線 裏縫いがされていない 伸縮性がない
縫い忘れ
縫い目: 粗い 不揃い 目飛び

×縫い忘れ


×脱線

脱線や縫い忘れ、目の不揃いなどをチェックしましょう。
ACTIVEでは縫いはもちろん裏縫いまでしっかり作業しています。
(写真をクリックすると拡大します)



 

×ほつれ




 




×伸縮性がない

引っ張ると縫い目が直線になる。
(写真をクリックすると拡大します)
★取扱い注意・保管方法・洗濯方法については取扱い説明書をご覧ください。
■取扱い説明書の内容はこちらをクリック

液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい。洗濯機は使用できません。 塩素系漂白剤による漂白はできません。 アイロンがけはできません。 ドライクリーニングはできません。 手絞りの場合は弱く、洗濯機で脱水する場合は短時間で絞るのがよい。 日陰のつり干しがよい。
▲TOPへ

すべてのお問い合せ先
有限会社T-KATEインターナショナル
〒253-0063 神奈川県茅ヶ崎市柳島海岸8-29
TEL 0467-87-2007  FAX 0467-83-9593  E-mail t-k.active@zdwakwak.com
Copyright (C) T-KATE International Limited Company. All Rights Reserved.
通信販売法に関する記載